他人も自分もどうしても気になる口臭

もともと小さいころから臭いにちょっと敏感で、臭いなと感じるものは数多くありました。
どこの家庭でもだいたいキッチンに必ずおいてある布巾も悪臭の根源なのになぜ当たり前にあるんだろうと不思議でした。

それでも集団生活や親元から離れて生活をしたりするうちに、仕方なしで慣れていったもの気にならなくなってきたものは数多くあるんですが
どうしても口臭だけは気にしすぎないように思っても気になってしまいます。
とても仲のいい間柄でも、それこそ兄弟だったとしても「口が臭いよ」はなかなか言いにくいものがあります。

しかし口臭は歯を磨くなりガムを噛むなり口臭ケアをしっかりしないとどうしても臭いはとめられません。
自分がこれだけ気になるということは相手も当然同じように不快感を感じる場合があるかもしれません。
歯磨きもなんとなく磨いているだけでは全く意味がないので、しっかり口臭ケアをするときは歯磨きにプラスしてフロスやマウスウォッシュを追加します。

歯ブラシだけではどうしても取り切れない汚れがフロスでしっかりとれますしマウスウォッシュはさらにダメ押しで爽快感をもたらしてくれます。
そして最近は一般的になりましたが舌をちゃんとブラシで掻き出すことです。
この一連の口臭ケアをしっかりするとしないとでは翌朝目覚めた瞬間から口の中の不快感が全然違います。