自分のワキのにおいを気にしているので自作のスプレーをしています

恥ずかしいので人には言ってないのですが、私は実は自分のワキのにおいをかなり気にしています。
暑い夏の日に家でゴロゴロしていて全身汗でベトベトになったような日に自分のワキをそっと嗅いでみると、臭くて本当に嫌な気持ちになります。

これまで、制汗スプレーや汗拭きシートなどを使ってきましたが、制汗スプレーは噴射音や空気中に粉が舞うのが気になりますし、空き缶の処分が面倒です。
汗拭きシートは手触りがなんとなくベタつく気がし、あまり脱臭効果が感じられませんでした。
強いて言えば、ロールオンタイプの制汗剤が一番使いやすかったでしょうか。

ある時、靴の脱臭スプレーの自作をインターネットで調べたのがきっかけで、これをワキのスプレーにも応用できるのではと考え、
作って使ってみたところ、肌がかぶれたりせずにワキの匂いが抑えられる気がしたので、以来自作のスプレーを使っています。

アルコールと精製水を混ぜたもので、噴射ノズルのついたミニボトルに入れ、
ワキに汗をかいたときは、出先のトイレなどでこれを手に吹き付けてワキに塗るようにします。
(ワキに直接噴射するわけではありません。)

これだけだとにおいの面で心もとないので、ハッカ油を少したらしています。
市販の制汗グッズを使っていたときよりも、ワキが嫌なにおいにならずに済んでいる気がします。